*じゅりえった* | お人形を 集めるだけでなく 愛でることに 目覚めました。 

行楽日和。

気候が 良いので お出かけが したくなります。

そうだ。

秋葉原へ 行こう。

と 思い立ち 秋葉原は AZONの 子猫の集会に 行って参りました。


可愛い 展示が ございましたので 紹介させて 頂きます。

20161023AZON2
お知らせにも 使用されていた メインモデルさん達です。
猫耳ヘアの子は アラカルトるるおくん なのでしょうか。


20161023AZON3
Fresh ruruko 1608 PSさん。
お洋服も 含め 1番 可愛かったです。
一生懸命 スルーして いたのですが 実物を 見ると 欲しくなって しまいます。


20161023AZON4
CCSgirl 16SP rurukoさん。
ここ最近の rurukoさんの 中では 可愛さ ベスト3 (ワタクシ主観) に 入る 彼女です。


20161023AZON5
おそらのふりそで ruruko 2ndさん。 だと 予測します。 生産ロット的に。
お嬢さま ちっくな お洋服が 大変 似合っていらっしゃいました。


20161023AZON6
Fresh ruruko アラカルトさん でしょうか。
ひときわ 目を惹く お嬢さんでした。


0161023AZON7
グレーキャット & ブラックキャット rurukoさんズ。
可愛すぎて 2人 揃えようか 迷ってしまいます。


0161023AZON8
Fresh ruruko アラカルト boyくん。
Fresh ruruko アラカルトの 販売後に 展示を 拝見したのですが
やっぱり この子に しておけば 良かった。 と 思わせるくらい 心惹かれました。


0161023AZON9
Fresh ruruko 1605さん。
コーディネイトが あざと可愛い 過ぎて 萌えます。
後ろの子の お洋服セットも 可愛らしかったです。


0161023AZON11
ベビチッチruruko ブルーくん。
この お洋服が ものすごく お似合いでした。
うちの子は 未だに すっぽんぽん なので 何か 見繕って 差し上げねば。


0161023AZON13
CCSgirl 16AN ruruko Honeyさん。
彼女の 可愛さは 鉄板です。
rurukoデヴューを 目論んでいる 妹にも 是非 お勧めしたい 彼女で ございます。


0161023AZON14
CCSgirl 16AN rurukoさん。
トータルバランスが 素晴らしい。
実物を 拝見して お迎えを 決意しました。


0161023AZON15
CCSgirl 16SP ruruko PSさん。
拝見する 写真によって 謎が深まり お迎えした時に ヘアスタイルに 納得しました。
仕様が 大変 好みでしたので CCSgirl 16SP rurukoさんと 双子に なっております。


0161023AZON12
CCSgirl 15AW ruruko boy PSくん。
お洋服が 欲しかったのですが 白い方が 完売して おりました。
近所の AZONへ 駆け込もうと 目論んでいます。


こちらは ruruko コーナーの 展示です。
0161023AZON16
雑誌にも 掲載されていた 有名な 彼女です。
言わずもがな 存在感が ありました。


0161023AZON1
可愛さ 再確認 写真です。
よし。
お迎えしよう。


猫に 惹かれて 足を運んだ AZONの イベントでしたが やはり コーディネイトが 素敵でした。

初めて 訪れた 秋葉原店は 品揃えも 豊富で 店内を 散策するだけでも 大変 楽しめました。

rurukoさんも 在庫が 充実しており

PetWORKs Storeで 購入できる子は 限定っこ 以外 揃って おりました。

ワタクシが 訪れた時には まだ ブラックキャット rurukoさんが いらっしゃったので

こっそり 連れて帰って きたのは 言うまでも ありません。


次回は Fresh ruruko アラカルトの 販売に 並んだ ワタクシの 奮闘を お伝えしたいと 思います。

ほぼ 自分との 戦いでしたが。


にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ

ランキング参加にご協力いただきありがとうございます。
肝心AZONのドールのお名前が分からず詳しくご紹介できずに申し訳ありません。
今回のrurukoさんの色白肌は半透明仕様ではないと手にして初めて知りました。



リカちゃんのカテゴリーにもコッソリおじゃましております。



スポンサーサイト

Category : イベント
Posted by ふたば on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

ふたば says..."赤色遊子さま。"
こんばんは。
赤色遊子さまはグレーキャットrurukoさんをお迎えされたのですね。
おめでとうございます。
ワタクシはCCSgirl 16AN rurukoさんを先にお迎えしようかと
水面下で模索しております。
しかし気付けばかごの鳥rurukoさんの発表があり
新しいフェイスペイントがふんだんに採用されておりとても魅力的で悩ましいです。

rurukoさんのパッケージはどんどん簡素化されておりますね。
Fresh ruruko 1605さんのパッケージを初めて見た時は驚きましたが
パッケージでコスト削減をし本体価格の値上がりをを抑える
PWの姿勢はワタクシ嫌いではありません。

子猫の集会はとても見ごたえがございました。
スタイリングが秀逸でスルーした子もみんな欲しくなる可愛さでしたよ。
大変危険なスポットです。
また行きたいものでございます。

CCSgirl 15SS rurukoさんはお洋服も繊細で
可憐な雰囲気のお嬢さんですよね。
今回のにゃんこなrurukoさんたちはまた違ったテクスチャーな白肌で
滑らかな質感につい見入ってしまいます。

売り切れる前にポチッてしまうその気持ちとてもよくわかります。
きっとそうやってドールが増えていくのです。
頑張って集めましょう。

2016.11.01 01:52 | URL | #- [edit]
ふたば says..."つばめさま。"
ご無沙汰しております。
秋も深まって参りましたがお変わりありませんでしょうか。

そうなのです。
妹との夏のDOLL祭りが終わったと思いきや
間髪入れずに秋のDOOL祭りを始めました。

梅田ロフトでのアラカルトなrurukoさんが気になり今回どのようなものかと足を運び
うっかりるるおくんを連れて帰ってしまいました。
現在ワタクシの中でご贔屓NO.1なお気に入りの彼でございます。

rurukoさんは意外とショートヘアもお似合いですよね。
そして秋葉原っこはFreshさんがお召しの各色のオールインワンだったのですが
梅田っこはお洋服もお召しになっていたのでしょうか。

つばめさまもアラカルトrurukoさんのお迎えおめでとうございます。
どのようなお嬢様なのか気になります。
SNS系でアップしていらっしゃればぜひ拝見したいものです。
2016.11.01 01:02 | URL | #- [edit]
赤色遊子 says...""
ふたば 様

途切れる事無く現れるのは如何なものでしょう
かごの鳥 ruruko girlとboy今度は双子の設定ですか
BlackとGrayのCatなrurukoが来たばかりなのに
2体ずつって キツイわぁ 姉だけになっちゃうかな
それにしても最近の梱包やわな気がします、開けずらいし
経費削減でしょうか? 受け箱にふた方式が良いです。

子猫の集会での沢山のrurukoさんの写真
行けない私にとっては有難い限りです
可愛らしいのは勿論、スタイリッシュに決めたり
中でもロマンティックがとてもよく似合う、いいわ (⋈◍>◡<◍)。✧♡
しかし、目で見て実際に確認して購入出来るのは
足を運んだ者の特権ですね、次回の奮闘記が楽しみです。

数体しかおりませんrurukoですがその中で
白いワンピース姿が可憐で透明感のある肌によく映えて
CCSgirl 15SS ruruko がお気に入りです
GrayCatの白肌は陶器の様な、と言う表現がピッタリでしょうか?
目にした瞬間、異様な感じにドキリさせられました。

最近では完売と言う文字に脅迫され、
じっくり考える前にポチっとしてしまう 遊子でした。

2016.10.30 10:47 | URL | #- [edit]
つばめ says...""
わ!レポ、ありがとうございます。
子猫の集会気になってたんです。
とくに、アラカルトrurukoさんが。

ご無沙汰しております。リカちゃんやサヤカ嬢のレポももちろん楽しく拝見しています。年末にかけて、怒濤のdoll祭ですね!

私も夏に大阪梅田ロフトでのイベントで、アラカルトさん1人お連れしましたが、財力と時間があれば、全員連れて帰りたいくらいかわいかったです。

泣く泣くあきらめた、ショートカットのアラカルトrurukoさんがまだ胸を締め付けます。服も可愛かった…きまぐれオレンジロードのひかるちゃん風のストレートショートカット、量産化を切に希望です。

ふたばさんは、どんなアラカルトrurukoさんをお連れになったんでしょう?楽しみです。

うちの子もかなりかわいいですよ!

2016.10.29 01:17 | URL | #52AHLqdc [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://chikuwa00bu.blog.fc2.com/tb.php/182-850ef778
該当の記事は見つかりませんでした。